オニオンの気まぐれBLOG

気まぐれに、趣味のPC、ゲーム、エミュ、ニコ動などの日記
オニオンの気まぐれBLOG TOP  >  スポンサー広告  >  フリーソフト  >  LibreOffice 3.5.1
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LibreOffice 3.5.1

LibreOfficeは自由でかつオープンソースのオフィススイートです。Windows、Macintosh、Linux を始めとする多くのプラットフォームで動作します。文書の作成やデータの処理のお役に立ちます豊富な機能を備えた6つのアプリケーションWriter、Calc、Impress、Draw、Math、Baseを提供します。ユーザーや貢献者、開発者からなる大きなコミュニティから、サポートとドキュメンテーションを無償で得ることができます。もちろん、あなたも参加して関わることができます。

PDF形式の無償電子書籍



リリースノート

 LibreOffice 3.5.0 Final (2012-02-14)
  • このリリースは、3.5.0 Release Candidate 3と全く同じものですので、すでにインストール済みであれば再びダウンロードしてインストールする必要はありません。
  • Windows向けには国際版を提供しており、ユーザーインターフェースの言語はインストール後に選ぶことができます。各国語のヘルプはオンラインで提供しており、希望であれば別途インストールしていただくこともできます。
  • LibreOffice 3.4.5以前のバージョンを使っているWindowsユーザーは、事前にアンインストールするか3.4.5にアップグレードしてください。そうしないと3.5.0へのアップグレードに失敗する可能性があります。
  • OpenOffice.orgをインストールしているWindowsユーザーには、あらかじめOpenOffice.orgをアンインストールすることをおすすめします。これは、LibreOfficeもOpenOffice.orgも同じファイルの種類に対して関連付けを行おうとするためです。
  • Windows 2000をお使いの場合には、LibreOfficeをインストールする前に このアップデート を適用する必要があるかもしれません。
  • Linuxをお使いの場合には、GCJ Javaの変数に関連してLibreOfficeとの間に問題があることが分かっています。代わりに、例えばOpenJDKなどを使うことをおすすめします。
  • OpenOffice.org 3.3.0からのセキュリティに関する変更点も取り入れています。さらに、ソースコードを整理したことによりLibreOfficeではよりセキュリティが向上していると考えられます。
 このバージョンにも以下のような非クリティカルな問題があります。
  • Macにおいてスライドショーが不完全に見えるかもしれません。回避策は、LibreOffice->設定->表示からハードウェアアクセラレーションを無効にする、です。

LibreOffice 3.5の新機能


スクリーンショット


ダウウンロード

関連記事
[ 2012/03/17 11:35 ] フリーソフト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。